ミニチュア家具を作ろう!
目指せ!ドールハウス作り、まずはミニチュア家具作りから…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長火鉢…2
brazier_5.jpg
 ようやく木の加工へ

 トタンの灰入れが入る木の枠を作ります。 灰入れの寸法を計り、現物合わせの木枠になる短冊を切り出しました。
brazier_6.jpg
 切り出した短冊を木工用ボンドで接着。

 きちんと直角が出るように、定規で計りながら接着。

 男子は中学生の時に大工道具を買わされたよね、その中に直角を出し、線を引くことが出来る差し金なんて物があったじゃない、差し金をもう少し小さくして、台を付けた物が写真の物、名前は台付スコヤーと言うんだね。 差し金と比べるとかなり精度がある物で、製品自体にも等級があります。 写真の物は150ミリの1級品で木箱に入って売られています。

brazier_7.jpg
 きちんと合うかかならず。

 接着剤が乾き、はみ出ていたボンドやバリなどを仕上げたら、きちんと入るか確認しておきましょう。

 私も実際よくやるんです、時間が無いからどんどん進んでしまった状態で、入らないとか、寸法が間違っているとか。僅かにヤスリで削る程度で入るなら良いけど、5ミリとか10ミリ単位で間違えている事が多いです。

brazier_8.jpg
 きちんと入っているね。

 写真の左右の側面に木口が見えてしますので、分かりにくいかも知れませんが、チーク材を薄く削り貼付けてあります。 少し厚めに同じ材木をカンナ掛けして、出てきたカンナくずを貼っても良いかもね。

   つづく…
スポンサーサイト

テーマ:★★ドールハウス・ミニチュア★★ - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2007 ミニチュア家具を作ろう! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。